ジャンプ感想

2017/12/05

  1. デスノ

自らの身を守りたいために道具のように扱われながら純真に信じてる姿が痛いくらい悲しかった。読者に月に対する嫌悪感を抱かせれば漫画としては、正解。一方の月は、スケープゴートにノートを送りつける。だがそいつは、思い通りに動く可能性は、ないわけでまた危機におちいる予感。

  1. ブリ

あの時「王属特務の管轄」とか傷つけただけで驚いていたのは、なんだったのだろう。あのでかいのが下級クラスで仮面をはげばさらに強くなるのね。

  1. 太臓

おもしろい話とつまらない話が交互にきます。とにかく連載11回突破です。

  1. ネウロ

招待でむかった旅行先で殺人事件が起こるのは、もう定番ですね。電車の中にいたやつは、どんなぐろい殺し方をするのだろうか?死ぬのは、カードゲームに興じていた連中か?最後に温泉町の風景は、なんかゆったりして好きだなあ。岐阜や群馬の山奥の温泉を観光の目玉にしている小都市を連想させる。歩いてみたくなるそんな感じ。

  1. ミスフル

いままでおちゃらけていた猿野の暗い過去が発覚。過去のことより試合がますます楽しみになる因縁。